近代の「涙」は何に譬えられたか

Title
近代の「涙」は何に譬えられたか
Other Titles
What is the Modern tears compared to?
Author(s)
나공수
Keywords
近代の涙、近代文学、直喩、隠喩、大げさなレトリック; Tears of Modern; Literature of Modern; a Simile; a Metaphor; the Rhetoric of Exaggeration
Issue Date
201402
Publisher
고려대학교 글로벌일본연구원
Citation
일본연구, no.21, pp.5 - 36
Abstract
本稿は、近代における文学作品に現われる涙の譬えを調べたのだが、その結果、次のような用法の見られることが明らかになった。まず、直喩か隠喩かについて見ると、何に譬えるかによっても異るが、全般的に見ると隠喩的な譬えが好まれていた。直喩の場合は多様な文体が見られたが、文語文や言文一致の未完成の影響のためか「如し」の形が多かった。隠喩の場合は「涙の∼」が大部分で、「∼の涙」は非常に少なかった。その他に、特別な形式のない隠喩もかなりあった。次に何に譬えられたのかを見ると、殆んどが自然と関係のあるものであった。中でも水と関係のある地形が多かったことが特徴的である。地形では「滝」が一般的に用いられていて、「泉․谷․川․海」などの表現も好まれていた。また、自然のうち「降水․降雨」関係のものでは、「露」と「雨」が一般的に用いられていたと思われる。最後に大げさなレトリックの問題について見ると、譬える内容によって異ってくることがわかる。簡単にいえば、「露․玉․種․豆」のようなものは目許あたりにある涙の様子を表していて大げさの度合いは殆んどないといっていい反面、「雨․霰․滝․川․海」などのような譬えは、涙を流している様子や量が甚だしいことを物語っているのである。このように、涙を他の言葉に換えて表現することによって、登場人物の心情、あるいは作家の感情移入の様子が明白になっていくことがわかったように思われる。しかし、本稿では近代文学作品における用例のみを対象に考察したので、これを契機として時代的変遷についての考察に歩を進める必要性を感じている次第である。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/33055
ISSN
1598-4990
Appears in Collections:
문과대학 > 일어일문학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE