The Emotive Rhetoric on Tears in the Meiji〜Early Syouwa

Title
The Emotive Rhetoric on Tears in the Meiji〜Early Syouwa
Other Titles
近代における感情表現としての涙のレトリック
Author(s)
나공수
Keywords
Literature of Modern、Expression of Feelings; Tears、Rhetoric、a New Word; 近代文学、感情表現、涙、レトリック、新語
Issue Date
201402
Publisher
한국일본근대학회
Citation
일본근대학연구, no.43, pp.7 - 34
Abstract
本稿では、近代の文学作品に現われている、感情を込めた涙の表現について考察を行なった。調査の結果、󰡔分類語彙表󰡕や󰡔感情表現辞典󰡕に提示されている涙の例が基本的には多用されていたことがわかった。しかし、多用されているにもかかわらず提示されている例から漏れているものもある。例えば、比較的多用されている「哀涙」や「悲嘆の涙・悲憤の涙」は「悲涙」に、「感謝の涙」は「感涙」の範疇に入れてもかまわないと思われるし、「無念の涙・恩愛の涙・同情の涙・懐旧の涙・愁涙」のようなものも多用されていて、ある面では市民権を得ていたものといえよう。 上記の例は、近代文学において比較的多用されているものであるが、これと似たような表現の中にも非常に細かく人の心情を把握できるような表現が多かった。他に基本的な表現から外れた少数の独特な表現もかなり見られることと、一つの文に二つ以上の涙を含めることにより複雑な心情を表わしているものも少くないことも一つの特徴であった。近代文学における感情を表わす涙の表現のなかには、連体修飾の表現ではなく漢語であったにも関わらず󰡔日本国語大辞典󰡕に登録されていない例も見つかった。 表現論の一分野として感情を表わす涙の表現を考察してみたが、近代文学は涙の文学ともいえるぐらい豊かな表現が見られることがわかった。これからも別の観点で「涙」の表現について考察していきたい。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/33019
ISSN
1229-9456
Appears in Collections:
문과대학 > 일어일문학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE