The Cognition of Yone Noguchi’s Colonialism around 1910’s

Title
The Cognition of Yone Noguchi’s Colonialism around 1910’s
Other Titles
野口米次郎の植民地経営に対する認識 - 1910年前後を中心に -
Author(s)
호리마도카
Keywords
韓国併合、植民地主義、伊藤博文、膨張政策、大逆事件、 内田魯庵、『太陽』、『ナショナルマガジン』
Issue Date
201408
Publisher
일본어문학회
Citation
일본어문학, no.66, pp.297 - 312
Abstract
本稿は、日本語と英語の両言語で執筆していた国際派詩人の野口米次郎が、近代日本の膨張政策や植民地経営について、1910年前後にどう考えていたのか、とりわけ韓国併合に対していかなる認識を持っていたのかについて検証したものである。1910年当時は、『太陽』も含めて大多数の新聞雑誌が韓国併合を正当化する論調を示しており、それに対する批判や異論の声はきわめて少なかったが、そのような中、滞米生活の長かった野口の主張には彼独自の見解が見られる。野口の植民地経営に対する意識は、じつは滞米中の1904年ごろから始まっており、欧米寄りの視点が強く見られ、1910年頃には韓国併合への批判をする。それはいかなる論理であるか、本稿では、従来取り上げられたことのない資料をもとに、のちに日本主義を喧伝することになる詩人が、当時英語で何を発信していたのか、野口の主張が同時代の他の言論者たちとどのように異なっていたのかを検証し、彼の植民地経営の意識と変遷について論じた。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/31058
ISSN
1226-9301
Appears in Collections:
문과대학 > 일어일문학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE