근현대기 사상가 凡父 金鼎卨과 朴正熙의 이념적 연관성

Title
근현대기 사상가 凡父 金鼎卨과 朴正熙의 이념적 연관성
Other Titles
近現代期の思想家凡父金鼎卨と朴正熙との理念的関連性
Author(s)
최재목
Keywords
凡父 金鼎卨; 朴正熙; 花郞; 風流; 慶州; 新羅; Bombu Kim Jeongseol; Park Chung-hee; Whalang; Pungryudo; Kyeongju; Silla; Ideology; Ideological link; Ideologue
Issue Date
201306
Publisher
한국일본사상사학회
Citation
日本思想, no.24, pp.25 - 50
Abstract
この論文は、在野思想家凡父金鼎卨(1897-1966)が朴正煕と理念的にどのような関連があるかを明らかにすることである。金凡父は在野思想家としてさまざまな形で朴正煕と対話し元老顧問の役割をする中で朴正煕の建国に必要な、セマウル運動、国民倫理、風流(風流道)、国風、花郎(花郞道)の確立を提案した。また凡夫は、‘民族的民主主義’ということ概念を提案し、国民の精神改造のために必然的に‘軍人政治’の必要性を提唱したとみられる。それゆえ、金凡父は朴正煕の初期政権の理念を提供し、民族的団結の記憶と象徴を作っていたイデオルログとして一応考えることができる。特異なのは新生国家として民族的統合を成し遂げなければならない難しい時期に彼は、その求心点になるロジックを韓国の固有の精神・思想の原型に還元させてそれを軸に解決しようとする一種の‘民族的記憶’の共有・復活という方法を選択した。しかし、在野思想家としての金凡父の純粋な学術・思想的想像力と情熱が韓国という具体的な空間の政治と会ったとき、彼の意図していなかった誤解やギャップを呈露したこともある。それでは、果たして金凡父と朴正煕はどのような関係があったのか。この論文は、基本的にこのような問題意識に絞ってこの点を明確にすることである。それによって、従来の研究で指摘される金凡父は朴正煕の強力なイデオログであったなどとの議論をより明確に究明することができると思う。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/29637
ISSN
1229-9235
Appears in Collections:
문과대학 > 철학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE