On the Creation of Sahasrabhuja(Senju-Kannon Bosatsu) Image of Fujii-dera Temple

Title
On the Creation of Sahasrabhuja(Senju-Kannon Bosatsu) Image of Fujii-dera Temple
Other Titles
葛井寺千手観音像の造像をめぐる問題
Author(s)
임남수
Keywords
葛井寺; 千手観音像; 葛井連広成; 県犬養八重; 聖武天皇; 造東大寺司
Issue Date
201208
Publisher
한국일본학회
Citation
일본학보, no.92, pp.309 - 319
Abstract
葛井寺は西国三十三観音霊場の第五番札所として知られる名刹で、本尊の乾漆千手観音菩薩坐像は天平時代を代表する優作として国宝に指定されている。本稿は、この千手観音像の制作時期や造像背景について考察したものである。まず、制作時期については、先行研究の検討によって、葛井寺像が様式的には天平十九年(747)を下限とする法華堂不空羂索観音像にもっとも近く、その制作時期は鑑真来日の天平勝宝六年(754)以降につくられたことを明らかにした。また、造像背景については、葛井連広成とその室県犬養八重夫妻の聖武天皇との関係を考察し、とくに天平十四年の皇后宮における宴および天平二十年の聖武の広成宅への行幸にともなう昇叙に注目した。この二回の破格的な出来事により、広成夫妻は末端ながら貴族の班列に入ることができ、広成夫妻と聖武との関係は格別であったと考えられる。聖武は天平勝宝八年に河内を経て難波宮への最後の行幸をおこなったが、葛井寺像はこの際に葛井氏によって発願がなされ、朝廷の援助によってつくられたと推論した。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/27466
ISSN
1225-1453
Appears in Collections:
디자인미술대학 > 미술학부 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE