히노 게이조(日野啓三)와 조선 · 한국

Title
히노 게이조(日野啓三)와 조선 · 한국
Other Titles
Hino Keizo and Korea
Author(s)
이원희
Keywords
조선; 한국; 저쪽; 한국인 아내; 경성; 밀양; 朝鮮、韓国、向う側、韓国人妻、京城、密陽
Issue Date
201108
Publisher
일본어문학회
Citation
일본어문학, no.54, pp.197 - 218
Abstract
日野啓三はわが国と縁の深い作家である。彼は五歳の時に朝鮮に渡って きて日本の敗戦まで11年間こちらで生活した。また1960年には戦後初めての新聞社の特派員としてソウルで8ヶ月間滞在し、その時知り合った韓国人女性と再婚した。本稿では『還らぬ旅』,『批岸の家』、『風の地平』、『台風の目』など、朝鮮․韓国を題材にした小説を対象にして、日野にとって朝鮮、韓国は如何なる意味を持っているか、または作中に朝鮮、韓国をどのように描いているのかについて考察してみた。日野啓三は‘向う側’を絶えず探し求めた作家であると言える。彼が自分の‘向う側’を構築していく契機を提供したのが韓国人妻であり、その過程を描いているのが韓国人妻との家庭生活を書いた「批岸の家」から「彼岸の墓」までの作品である。1993年に刊行された自伝的小説󰡔台風の目󰡕では、朝鮮の京城と密陽が 一つの原風景として描かれている。海峡のどちらにも帰る所はないという歸巢喪失者ないしは存在證明不可能者としての日野啓三の二十余年に渡る‘向う側’探しの終りは、結局振り出しに戻ってしまい、そこは自分の失われた故鄕、 朝鮮であったのである。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/24667
ISSN
1226-9301
Appears in Collections:
문과대학 > 일어일문학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE