塚原渋柿園の『侠足袋』に見る中国俗語的漢語表現

Title
塚原渋柿園の『侠足袋』に見る中国俗語的漢語表現
Other Titles
The Chinese spoken language in [Kyantabi] of Tswkahara jushien
Author(s)
나공수
Keywords
明治期後半(Meiji latter era)、中国語(Chinese spoken language)、唐話学(Chinese study)、漢字表記(notation of Chinese character)、受容(receptive); 明治期後半(Meiji latter era)、中国語(Chinese spoken language)、唐話学(Chinese study)、漢字表記(notation of Chinese character)、受容(receptive)
Issue Date
201002
Publisher
한국일본근대학회
Citation
일본근대학연구, no.27, pp.7 - 27
Abstract
本研究は明治時代後半に書かれた塚原渋柿園の『侠足袋』に現われる中国語について考察したものである。明治時代後半は、政策的に漢字節減運動や言文一致運動、国語調査委員会などで、できるだけやさしい漢字と固有語を用いるようにした。しかし、『侠足袋』にはこれとは関係なく、当時の一般人が見て分からない難解な漢字表記が用いられているが、その根源の一つとして中国俗語があった。『侠足袋』には中国俗語の指示․疑問代名詞[這麼、這様、這裏、這個、這回、這般、那麼、那様、那個、恁麼、恁様、怎麼、甚麼、什麼]などがかなりあり、また、明治期の作品に珍しい中国語[〜地、東西、洒家、標致]も多数用いられている。これは塚原が早くから漢学の勉強をしていたが、唐話学にも関心を寄せていたことを示している。勿論、自分の著書に馬琴の本を読んでいたと言及していて、その影響を受けていることも事実であると考えられる。馬琴の作品には相当の量の中国語が用いられているが、塚原が用いている中国語の一部には馬琴作品にないものもあることから、全面的に馬琴の影響を受入れたとは言いにくい部分もある。つまり、中国文学や語学にも関心を寄せていたし、それが自分の作品にも反映されたと思われる。
URI
http://hdl.handle.net/YU.REPOSITORY/22879
ISSN
1229-9456
Appears in Collections:
문과대학 > 일어일문학과 > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE